既存サイトでカエテングラフ WordPress テーマを利用する場合

この記事は約 4 分で読めます ( 約 2075 文字 )

 

 

1. カエテングラフは基本的に [ 新規サイト ] でご利用ください

 

カエテングラフは基本的に 新規サイト でご利用ください。一番の理由は次です。

 

検索順位が良いサイトは HTML 構造を変更しない方が良いため

 

現時点で検索順位が良いサイトは HTML 構造を変更しない方が良いです。テーマを変更すると HTML 構造や SEO 重要タグの内容が変わります。カエテングラフに限らず、テーマの変更はお勧めしません。

 

また、テーマ毎に搭載されている機能は違いますので、カエテングラフに限らず、テーマを変更すると使えない機能が必ず出てきます。予めご理解された上でカエテングラフをご利用ください。

 

 

 

 

2. カエテングラフに変更すると起こる事と修正方法

 

 

【 1 】ウィジェットの配置が一旦変わります

 

前テーマのサイドバーのウィジェットが メインカラム上 の場所に移動しています。そこにあるウィジェットをサイドバーに移動してください。

 

 

【 2 】段落・改行タグの仕様が違うため記事が詰まる場合があります

 

カエテングラフは PC とスマホで改行の変なズレを無くして記事を読みやすくする ために次の仕様にしています。

 

  • 段落と段落の間に余白が空きません ( 段落タグ <p> ~ </p> )
    逆にスマホ等 ( 画面横幅 799 px 以下 )では段落にすることで行間を空けずに改行ができます
  • スマホ等では 改行タグが反映せず改行しません ( <br /> )
  • 行間を空ける ときはタグの入力が必要です。
    タグの入力方法はご購入後にマニュアルサイトでご確認ください。

 

そのために既存サイトをカエテングラフに変更すると記事が詰まり読み辛くなる場合があります。基本的にはカエテングラフに沿った記述で記事の修正が必要ですが、記事数が多いときは大変な作業ですので、CSS を追加して一括で修正する方法をお知らせします。

 

記事の段落間の余白を設定する

  • 20 px が下余白です。お好みで数値を変更してください

 

スマホで改行タグを反映させる

 

CSS の追加方法はご購入後にマニュアルサイトでご確認ください

 

 

【 3 】h2 ・ h3 ・ ul ・ ol タグが反映しません

 

カエテングラフは h2 ・ h3 ・ ul ・ ol タグ 複数デザイン をご用意しているため 記述が違います。前テーマで例えば <h2> ~ </h2> と記述しているときは、ただの太字で表示されます。

 

カエテングラフの記述例

入力する記述 <h2 class="h2-01-main"> テキスト </h2>
表示される記事装飾パーツ

タイトル

 

基本的にはカエテングラフに沿った記述で記事の修正が必要ですが、記事数が多いときは大変な作業ですので、CSS を追加して一括で修正する方法をお知らせします。

 

CSS を追加したときはカエテングラフの記事装飾パーツ h2・h3・ul・ol タグは利用できません

 

 

CSS の追加方法はご購入後にマニュアルサイトでご確認ください

 

 

 

 

3. カエテンWP-JOY からカエテングラフに変更する際のご注意

 

 

【 1 】カスタマイズの設定は再設定をしてください

 

管理画面 > 外観 > カスタマイズ の設定は次の項目以外はカエテンWP-JOYから引き継がれませんので再設定をしてください。

 

引き継がれる項目

  • サイトタイトル・説明文・キーワード・フッター年号開始年・サイトアイコン
  • 人気記事:アクセスをカウントする・集計リセット時間
  • 広告ショートコード登録

 

 

【 2 】カスタム分類で label / slug を変更している場合

 

label / slug はデフォルトに戻りますが以前の設定と同じ label / slug に変更すれば登録済みのカテゴリー・タグはそのまま利用できます。

 

 

【 3 】次の機能はありません

 

● h1 タグ変更

トップページはサイトタイトル・記事ページは記事タイトルが h1 タグになり固定となります。

 

●ウィジェット「 メインカラムデザインなし 」

「 メインカラムデザインなし 」に設定していたものは「メインカラム」に移動しています。

 

 

【 4 】次のサイトにはご利用いただけません

 

カエテングラフ販売サイト「 テーマご利用規約 」に明記しているとおり、
風俗・アダルトに関する情報・未成年者や青少年に有害な情報と判断されるサイト、マルチ商法・ねずみ講・ネットワークビジネス等への勧誘・紹介等を行うサイトでカエテングラフを利用する行為は一切禁止いたします。